2018 05 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2018 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Vol.365 料金所を越える陸送

陸送ルート上で料金所があるのはとても珍しい。そもそも料金所は有料道路にあるものだから陸送自体が有料道路を回避することが多いのでなかなか料金所を通る陸送を見ることが出来ない。
20150629-_IGP1370.jpg
ここ直近であったN700AのJR西日本版のF2編成は陸送途中有料道路経由で行われた。と言っても夜間は料金は徴収されず事実上無料となる。なので有料道路であって有料道路ではないと言った感じだ。そしてそこにある料金所を横幅3,380mm 高さ3,650mm 長さ27,350mm のN700A新幹線がゆっくりゆっくりと 通り過ぎていく...実にシュールな光景だ。
20150706-_IGP1612.jpg
先日全編成の搬入が完了した仙台地下鉄東西線の2000系電車の陸送も大阪市内での陸送途中に港区と住之江区を結ぶ大阪港咲洲トンネルに料金所があった。こちらは平成26年10月1日から全面無料科となり既に料金所としての機能は失われていて事実上有料道路ではないが、有料道路であった痕跡として料金所が今でも残っている。そこを仙台地下鉄東西線2000系電車はゆっくりと通り抜けていくのだった。
20150710-_IGP1939.jpg
少し小ぶりの車体だけあって料金所を抜ける時はそんなに窮屈さはないようには見えるが、普通の大型トレーラーよりは長さがあるので、やはりそこは慎重にゆっくりゆっくりと通り抜けていった。
20150611-_IGP1255.jpg
鉄道車両が普段通らないようなところ有り得ないところを通るのだから陸送は面白い。両者とも輸送自体は終わっており今後このように料金所を越える陸送は見れるのだろうか。
1枚目2015.6.29 N700A F2編成⑯号車陸送 
2枚目2015.7.6 N700A F2編成①号車陸送
3枚目2015.7.10 仙台地下鉄東西線2000系2115F2515号車陸送
4枚目2015.6.11 仙台地下鉄東西線2000系2113F2113号車陸送


スポンサーサイト
.19 2015 陸送 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://n7007000.blog.fc2.com/tb.php/416-8b5bbf6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。