FC2ブログ
2018 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Vol.311 キハ81が浪花の街を陸送される

昨年の12月下旬に旧交通科学博物館から京都鉄道博物館へ陸送されたブルドックの愛称をもつキハ81形。幼少期に親の用事で出かけた大阪市内からの帰りに天王寺駅でよく見かけたことがあり今でも鮮明に記憶に残ってる車両であります。インパクトのあるブルドックのような面は子供心にして衝撃的でした。くろしおのマークを掲げ天王寺から阪和・紀勢本線経由で紀伊半島を半周して名古屋まで約8時間かけて結ぶ食堂車が組み込まれた堂々たる10両編成の豪華特急列車でした。
image.jpg
長年住み慣れた旧交通科学博物館の敷地から公道に出ていよいよ京都へ向けて出発。 このような車両が今日まで大切に保管されていたのが嬉しい限りで新しく出来る京都鉄道博物館にも展示されることに感謝です。

image (1)
市内の運河を渡るキハ81系

image (1)_1
大阪市内中心部を快走!

image (2)
キノコ型のクーラーとJNRマークと国鉄特急色が往年の特急姿を彷彿させる。

image (4)
くろしおのマークを誇らしげに陸送されるブルドック。 またネオンチューブが髭にも見える。

image (3)
山陰線の高架下を潜りゴールは直ぐそこです。

旧交通科学博物館の展示物の陸送の中で一番このキハ81系が撮りたかったので満足がいく撮影となりました。
夜通しで陸送を担当された作業員の皆様ならびに関係者の皆様、お寒い中の作業大変お疲れ様でした。

2014.12.24 キハ81 3陸送 








スポンサーサイト
.05 2015 陸送 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://n7007000.blog.fc2.com/tb.php/359-d9647e2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。