FC2ブログ
2019 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2019 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Vol.300 東京モノレールの搬出と搬入

東京モノレール...大阪在住の自分にとってあまり馴染みのないモノレールだが大阪にもモノレールが走ってるということで、その搬出や搬入の仕方には以前から興味があった。
という訳で前記事のE3系R26編成①②号車陸送と同じ日に東京モノレール1000形が廃車の為の陸送があり陸送開始時間から上手いこと両者掛け持ち撮影が出来た。そして下旬にはこれに替わる10000形の新車の搬入があった。
20141202-_IGP3455.jpg
1000形1019F廃車搬出 開業時復刻塗装車  超レトロな感じがする。
モノレールの特徴でもあるコンクリート軌道を跨ぐ部分の床下機器が詰まってる下半身は切断された状態で客室本体だけ低底トレーラーにどんと乗せられていた。

20141217-_IGP4486.jpg
1000形1019Fの置き換えで搬入される新型車両10000形第二編成10021F 
上記の1000形1019Fの画像と比べたら一目瞭然だがコンクリート軌道を跨ぐ部分の床下機器がついており車両全体で見ると相当な大きさとなっている。

20141202-_IGP3460.jpg


20141202-_IGP3468.jpg
折しも走り慣れた東京モノレールの下を潜り抜け解体工場へと急ぎ足で走り去っていく1000形1019F

20141217-_IGP4447.jpg
そして都内の道路を陸送される東京モノレールの新車10000形10021F 

20141217-_IGP4453.jpg

20141217-_IGP4479.jpg
10000形10021Fは日立製。山口県の工場で製造された同車は日立物流さんによって車両基地へと慎重に運ばれて行く。
搬出と搬入両方を見ることが出来てラッキーだった。この日の10000形10021Fの陸送を見届けたあとはゆりかもめの陸送撮影へと転戦した。
スポンサーサイト
.30 2014 陸送 comment2 trackback0

comment

佐々木義明
東京モノレールの1000系は当時老朽化が進行していた500系と600系の置換の為に製造され、平成初期からの主力車両として親しまれ、2000系が加わった後は700系を淘汰してきました。
やはり過去の車両と同様に塩害には勝てませんでした。
ちなみに『多摩モノレール』の1000系は床がフラットとなり、技術が進化してきました。
2015.01.14 22:46
カモノハシ@管理人
佐々木義明様
おはようございます。初めまして
東京モノレールの解説ありがとうございます。
塩害の影響があるのですね~東京という都会からは想像がつきませんでしたがそれもそのはずですね~考えてみりゃ湾岸を走るのですからね。
日本の技術の進歩は著しいもので乗り物に関しても日々進化し乗る側にとって安全かつ快適に乗車出来るのも日本ならではですね。
2015.01.22 08:48

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://n7007000.blog.fc2.com/tb.php/348-8123ee96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。