2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Vol.331 在りし日の保存車DF50 18とDD13 638

20150228-_IGP6724.jpg
旧交通科学博物館で搬出日を静かに待つDF50 18とDD13 638

2015.2.28 旧交通科学博物館
スポンサーサイト
.16 2015 風景 comment0 trackback0

Vol.283 紅葉燃えゆ

て京都は清水寺の紅葉。
赤く染まったモミジをライトアップ。
それは燃え上がるかのような紅葉になってました。
実に幻想的な夜の清水寺でした。
三脚は禁止なので高感度のスローシャッターで手持ち撮影。
20141124-_IGP3219.jpg

20141124-_IGP3230.jpg

20141124-_IGP3231.jpg

20141124-_IGP3238.jpg

20141124-_IGP3263.jpg

20141124-_IGP3270.jpg

てことでたまにはこんな画像でも^_^;

2014.11.24  
京都清水寺紅葉ライトアップ

.26 2014 風景 comment0 trackback0

Vol.239 海の日に因んで

ということで本日21日は海の日ですね。昨日は四国、中国地方で梅雨明けが発表されましたが関西の梅雨明けもそろそろ発表されそうですね。
海の日に因んで過去画像になりますが海絡みの画像を(^_^;)

スキャン_20140721
今から10年くらい前はよく紀勢東線を走るDD51のダブルが牽く貨物列車を撮りに東紀州へ通ってました。
その当時の貨物の列番は下りが3161レ上りが3160レでした。この頃はまだDD51は更新色もなくオリジナル色オンリーでした。上りの3160レは新宮を確か18時頃に出るので嶮しい紀伊山地の南東側を走るため撮影条件が厳しかったです。
まだ陽があたるところでと新宮を出て直ぐに渡る熊野川橋梁を俯瞰出来ないものかと山の頂上あたりの拓けてる場所を探して山の中を1時間くらいさ迷いながら探しました。僅かながら木々の隙間からこのように熊野川橋梁を見下ろせる場所を見つけたのです。この場所からは太平洋の水平線も高い位置に見えて、その下に眼をやると台風一過の棲んだ空気の中を水平線クッキリと西陽を浴びたオリジナルカラーのDD51ダブルが熊野川橋梁を渡っていきました。   

20110429-_IGP0837.jpg
こちらは列番も下り2089レ上り2088レとなり運転区間も新宮から鵜殿に短縮となり上りの2088レの鵜殿を出る時間も早くなり撮れる範囲が広範囲になりました。ですがカマも更新色が増えて、しかもダブルから単機となり紀勢貨物は大きく変わりました。この頃を境に東紀州への足は徐々に遠のいてました。それから数年後紀勢貨物の末期に同貨物の俯瞰撮影を究めていた白影さんこと友人にこの場所に連れられてやって来ました。山を1時間半程登って着いた場所から眼下を見下ろした時、銚子川に架かる橋梁を渡る貨物を今でも忘れられません。   2011.4.29

20090920-IMGP8146.jpg
嶮しい山々の遠くに熊野灘が見えてる荷阪峠を下るキハ181系使用の紀勢本線全通50周年フィナーレ号   2009.9.20

最近はこのような鉄路の俯瞰撮影を全くしてませんが、また広大な海を背景に入れた鉄路の俯瞰撮影をしたいと思った今日この頃、海の日の思いでした。
.20 2014 風景 comment2 trackback0

Vol.201 富山湾越しに見える雪の立山連峰屏風

Vol.200 キハ143ラッセル気動車の登場の撮影に行った帰る途中北陸線の車窓から見える雪山があまりにも綺麗で思わず高岡で下車氷見線に乗り換えて富山湾越しに先程の雪山が見える雨晴海岸へと向かいました。氷見線の越中国分~雨晴間は富山湾にへばりついて走る区間なので車窓からも美しい富山湾の風景を楽しむことが出来ます。そして富山湾越しに屏風のごとく聳えたつ雪山こそが3000m級の山が連なる立山連峰です。

20140311-_IMG0918.jpg
氷見線と城端線の気動車が集結をする高岡機関区の背後に広がる雪の立山連峰。久しぶりに降りた高岡駅は綺麗にリニューアルがされててビックリです。北陸新幹線は新高岡ですが新幹線の開業が近いということを実感しました。

20140311-_IMG0926.jpg
富山湾越しに見事に浮かび上がった立山連峰。年に数回晴れた日の空気の澄んだ時にしか見れない風景に出会えて感無量です。

20140311-_IMG0932.jpg
高岡に向け走り去っていくタラコ色のキハ47と青い空と海と雪山の四者のコントラストは今が最高で女岩がそれらを望む。

20140311-_IMG0975.jpg
まさに屏風のように広がる雪の立山連ここから見た風景は忘れられない。その脇をハットリ君のラッピング気動車がコトコト走る。

20140311-_IMG0982.jpg
雨晴駅は昔のまま変わらず昔の雰囲気が残ってました。
雨晴海岸には過去にちょくちょく来たことがありましたがこんなに立山連峰がくっきり見えてる風景を見たのは初めてでした。海岸には沢山のアマチュアカメラマンが集まっていて思い思いに撮影をされてました。この美しい風景を日が沈むまでずっと見ていたかったのですが帰阪の時間が迫ってたので後ろ髪を退かれる思いで雨晴海岸を後にしました。
.25 2014 風景 comment0 trackback0

Vol.13 明石大橋の夕暮れ

久しぶりの更新と相成ります。

_IGP2543_20110703213736.jpg

浜辺で遊ぶ女の子達いい感じでした。時刻は19時頃でしたがこの時期はやっと夕暮れですね。
.03 2011 風景 comment0 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。