2017 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Vol.386 撮影日報~伊予鉄道700系713・763搬出作業~

前にVol.381で伊予鉄道700系713号と763号の陸送の様子をアップしましたが今回は搬出の様子をアップすることにしました。
その時にお伝えした通り先月の12日の深夜に伊予鉄道の700系713号・763号の2両が千葉県の銚子電鉄へ譲渡の為、搬出作業が深夜に行われました。
通常搬出作業は車庫の敷地内で行われることが多いのですが、伊予鉄道の古町車庫はそんな広い敷地が無いためか併用軌道での搬出作業が行われます。
併用軌道で搬出作業をしてくれると直近で撮影が出来るからとても有難いのです。
この併用軌道は通常市内電車(路面電車)が走っており郊外電車のような18メートル級の電車は走ってはおらず搬出、搬入の時にだけに限りこの併用軌道を利用してます。
なので古町の駅は市内電車と郊外電車の線路がクロスしてる中、搬入と搬出用に市内電車の線路と郊外電車の線路を双方行けるように渡り線が1本だけあります。
20150911-_IGP5116.jpg
搬出現場である宮田電停付近の道路は23時頃から車線規制が行われてラフター2機が設置されました。夜中とは言え松山市内は車が多いです。

20150911-_IGP5119.jpg
0時過ぎ古町の車庫からモーターカーに押されるように推進運転で併用軌道に出てきた713号が姿を現しました。

20150911-_IGP5125.jpg
元営団のモーターカー。あまりの渋さにこちらの方に目が奪われますwww

20150912-_IGP5129.jpg
クレーンが夜空高く上がる搬出場所に713号を置くとモーターカーは切り離され古町の車庫へ引き上げていきました。正確に言えば次の763号を迎えに行くのです。

20150912-_IGP5140.jpg
直ちに玉掛けの準備が行われます。その間UDトラクターが牽くセミトレーラーが直ぐ横で待機してます。713号のお面はトラクター側でしたwww

20150912-_IGP5146.jpg
玉掛けが終わりラフター2機の唸り音と共に慎重に少しづつ713号の車体は浮き上がります。ある程度上がったところで台車抜きが行われました。

20150912-_IGP5151.jpg
台車抜きが終わると待機してたトラクターがバックをしてきてセミトレーラーを713号の床下へ押し込みます。

20150912-_IGP5176.jpg
セミトレーラーが床下へ入ったところでセミトレーラーでは足りない後ろの車体部分は回転板がついたポールトレーラーに乗せられました。 
そして車体とトレーラーを厳重に固定をしたあと713号は763号の搬出を待たず先に松山港へと出発をしました。

20150912-_IGP5201.jpg
713号の陸送をある程度追って再び搬出現場へ戻ってくると763号の積み込み作業が始まっていました。今度はお面がトラクター側とは逆の後ろ向きとなります。

20150912-_IGP5206.jpg
台車も抜かれて床下へセミトレーラーが押し込まれます。

.20150912-_IGP5216.jpg
セミトレーラーでは足りない後ろ部分にポールトレーラーを多数の人力で押し込んでます。

20150912-_IGP5231.jpg
ポールトレーラーに乗った後ろから見た状態ですが、床下危機がポールトレーラーやセミトレーラーのタイヤに干渉しないように高さを調整する枕木が間にかまされて結構な高さとなってました。こんな背高の電車の陸送を見たのは初めてです。

20150912-_IGP5235.jpg
車体とトレーラーをがっちりと固定され713号を追うかたちで松山港へ向けて出発をして行きました。我々も後を追います。
これら一連の陸送を担当したのは地元愛媛の宮原重機運輸さんです。
電車を陸送する時に使うヤッコとか電車陸送用の専用車両を使わずそれ以外の用途のポールトレーラーとセミトレーラーを組合せて上手く駆使して電車を陸送をしてることにはとても興味深く感心をしました。
それゆえにポールトレーラーのデッキに作業員さんが乗って舵をとる姿を見ることが出来ました。
松山港に陸送された713号と763号は埠頭で夜明けを待って朝から貨物船に積み込まれた。その様子はまた次回にアップしたいと思います。
2015.9.12 伊予鉄700系陸送 松山市内








スポンサーサイト
.06 2015 陸送 comment0 trackback0

Vol.382 撮影日報~神鉄1000系1310F搬出作業~

明日からシルバーウィーク5連休て方もおられるんじゃないでしょうか。ここにきてやっと涼しさを感じられるようになり先月までの猛暑はようやくどこやらに消えていきましたね。
先月そんな猛暑の茹だる様な暑さの中、神鉄の市場駅の側線で1310Fの搬出作業がなされてました。
鈴蘭台の車庫からの搬出は道路事情により出来ずこの市場駅から搬出されてるようです。搬入の時も同様にこちらに搬入されるようです。
1310Fの搬出作業は日曜日の日中だったのでその様子を撮影しに行くことが出来ました。
長閑な田園地帯の中にある市場駅は片面ホーム1線でその前を保線の為の側線が2線あるだけの閑散とした無人駅です。
最終電車が終わった後に鈴蘭台の車庫から他の電車で牽引されてきた1310Fはこの側線に押し込まれ夜が明けてからラフタークレーン2機を使って昼間にトレーラーに積み込まれます。
20150809-_IGP4028.jpg
その様子を向かい側のホームから見ることが出来ました。

20150809-_IGP4031.jpg
天秤が掛けられ何時でも浮き上がる準備は出来てる様子

20150809-_IGP4038.jpg
車体と台車が離れました

20150809-_IGP4044.jpg
浮いてる間に台車(車輪)抜きをします

20150809-_IGP4048.jpg
こんだけの人数で台車を押してもかなり重たそうですね

20150809-_IGP4062.jpg
車輪は別のトレーラーへ積み込まれる

20150809-_IGP4072.jpg
後部のヤッコを人力で押して床下へ入れてる様子

20150809-_IGP4075.jpg
トラクターがバックをしてきました

20150809-_IGP4081.jpg
ヤッコとドッキング

20150809-_IGP4085.jpg
無事見事にトレーラーにのりました。窓枠もなく貫通扉もなく寂しげな表情となった1310F。ここで静かに深夜の搬出まで待機します。
この日の気温は計った訳ではありませんが恐らくは35℃以上はあったかと思います。
撮影は直射日光を避けホーム屋根の下の日陰で撮らせて頂きましたが、搬出作業されてる作業員の皆さまは汗だくになりながら安全をひとつひとつ確認し合って事故のないように着実に積み込み作業を進められてました。そんな作業員さん達に敬意を称したい気持ちでシャッターを切らして頂きました。
2015.8.9 神戸電鉄1000系1310F搬出作業 市場駅

.18 2015 陸送 comment0 trackback0

Vol.381 撮影日報~伊予鉄700系713・763陸送~

先週末11日~12日の深夜に伊予鉄700系の713号車と763号車の2両が銚子電鉄へ譲渡の為に古町から搬出された。週末の搬出とあって翌日は仕事が休みだったのでこれは行くしかないと即決で松山まで車を走らせた。
松山に23時頃に着くと積み込み場所となる宮田町付近の併用軌道内では騒然とする中、速やかに車線規制がなされてラフタークレーンが2機が直ちに設置された。
トレーラーに積み込みの様子はまた後日に紹介をするとして一先ずその陸送の様子を紹介する。松山港まで約5キロ程度の陸送なので的を絞って撮ることにしたので撮影枚数は稼げなかったが…
20150912-_IGP5183.jpg
自社高浜線の高架下をゆっくりと潜る。見る限りスレスレだ。他に歩道橋も数ヶ所ありこのためクーラーとパンタは外して陸送された。

20150912-_IGP5192.jpg
セミ低底トレーラーにターンテーブルと後ろはポールトレーラーとの組み合わせで車体をのせてあった。

20150912-_IGP5249.jpg
左折時はポールトレーラーのステップに作業員さんが乗っており手元にあるハンドルを回して後輪の舵をきってるようだった。

20150912-_IGP5256.jpg
船積みされる松山港へ向けて深夜の松山市内をゆっくりとした足取りで陸送されていく。そんな後ろ姿を見てるとポールトレーラーのステップに乗った作業員さんがとても印象的だった。
セミ低底トレーラーとポールトレーラーを組み合わせて電車を運ぶ姿を見るのは初めてで今まで見てきた陸送とは一味違っててとても新鮮だった。
2015.9.12 伊予鉄700系陸送 松山市内

.16 2015 陸送 comment0 trackback0

Vol.380 撮影日報~神鉄1000系の廃車陸送~

1ヶ月前の暑い盛り8月8日~10日にかけて神戸電鉄の1000系1310Fの廃車に伴う陸送がありました。神戸電鉄の市場駅から搬出され向かう場所は毎度お馴染みの金属リサイクル会社でした。神鉄の廃車陸送を撮るのは今回が初めてでした。
20150808-_IGP3775.jpg

20150808-_IGP3786.jpg

20150808-_IGP3918.jpg

20150809-_IGP3956.jpg

20150809-_IGP3959.jpg

20150810-_IGP4089.jpg

20150810-_IGP4096.jpg

20150810-_IGP4102.jpg

20150810-_IGP4121.jpg

20150810-_IGP4139.jpg

2015.8.8~10 神戸電鉄1000系1310F廃車陸送
.15 2015 陸送 comment0 trackback0

Vol.379 撮影日報 マルチプルタイタンパーの陸送

先月神鉄の廃車陸送を撮りに行った後にプラッサー&トイラー社製のマルチプルタイタンパー(マルタイ)の陸送に遭遇しました。
牽引していたトラクターは7月28日に栃木県内でキハ40系を陸送していたアチハさんの同じトラクターVOLVO FH16でした。10日あまりでまたVOLVOに会おうとは(^^)
確かこのマルタイはTwitterで名古屋鉄道の大江駅併設のマルタイの検修庫からマルタイの陸送が出たとか呟かれてたやつでその後の足取りが掴めなかったのですが国内で他社線に譲渡とかは考えにくいし恐らくは海外へ持っていくんだろうなぁと思っていたなかで、それなら横浜港に持って行くのか神戸港に持って行くのかどちらだろうと悩んでましたがここ神戸港が正解でした。
20150808-_IGP3870.jpg

20150808-_IGP3882.jpg

20150808-_IGP3877.jpg

20150808-_IGP3865.jpg

20150808-_IGP3864.jpg

20150808-_IGP3866.jpg

20150808-_IGP3868.jpg

20150808-_IGP3885.jpg

20150808-_IGP3901.jpg
どこの国へ渡ったのかは不明です。
2015.8.8 プラッサーマルタイの陸送
.08 2015 陸送 comment0 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。