2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Vol.363 夜明けの陸送

夏至も過ぎて一刻と日の出の時間は遅くなっていってますが早朝4時頃はまだまだ明るいですね。主に深夜から早朝に行われる陸送ですが、この時期に行われる陸送はゴール近くになると空も明るくなってることが多いです。画像は先日リニューアルの為に陸送されてきた山陽電車3050系3062Fをゴール近くで明るい中で撮ることが出来ました。
20150710-_IGP1976.jpg

20150710-_IGP1977.jpg

20150710-_IGP1996.jpg
3枚とも2015.7.9 山陽電車3050系3062F陸送 

20150713-_IGP2239.jpg

20150713-_IGP2245.jpg
2015.7.13 2枚とも山陽電車3050系3062F陸送 
スポンサーサイト
.15 2015 山陽電車陸送 comment0 trackback0

Vol.185 山陽電車3050形3064F陸送

3064Fがリュニューアル工事を終えて東二見の車庫へと陸送されていきました。
名称未設定-8664
1月20日車輛工場を出る3064号車

名称未設定-8684
この手の電車なら匠の技で軽く曲がって行きます。

名称未設定-8708

名称未設定-8719
阪神国道の大カーブで見送り帰りました。

名称未設定-8755
そして1月22日の3637号車 リュニューアル後も白Hゴム窓が残されてますね。

名称未設定-8758
吊り橋の下をゆっくり曲がる

名称未設定-8763
平面交差 ※反対車線側踏切外から撮影

名称未設定-8765
阪神国道に出たところで撮影をして体を気遣って帰りました。

陸送に携われた作業員の皆様ならびに関係者の皆様、深夜の作業お疲れ様でした。
.04 2014 山陽電車陸送 comment1 trackback0

Vol. 155 山陽電車5030系5530号車陸送

今年2月12日の忌まわしい山陽電鉄荒井駅での電車の脱線事故から半年。踏切内で立ち往生したトレーラーと梅田に向かっていた5030系の5630Fが接触をし、この弾みで1両目がホームに突っ込み大破、2両目も1両目に折り重なるように脱線をして1両目は見るも無惨な姿で2両目も損傷が激しく、こんな事故でよく死者が出なかったなぁ~とほんとに不幸中の幸いでした。この事故の関係で梅田方から3両目の5231号車と4両目の5530号車が修復工事のため川崎重工業兵庫工場に入場をしてましたが、その修復工事も終わり3両目の5231号車が一足早く5月20日に東二見車庫に陸送され4両目の5530号車が8月5日に東二見車庫へ陸送されました。
5530号車の陸送の様子です。
_IGP5331_1.jpg
未明の陸送を待つ5530号車

_IGP5334_1.jpg
そして未明、川崎重工業兵庫工場を出発

_IGP5344_1.jpg
狭い道路をゆっくりと...

_IGP5351_1.jpg
最初の曲がり角を曲って...

_IGP5354_1.jpg
側道から出てきた5530号車

_IGP5356_1.jpg
本線合流間近

_IGP5360_1.jpg
一般公道へ出て最終点検中

_IGP5361_1.jpg
中吊り広告がぶら下がったままで入場していたのですね...

_IGP5362_1.jpg
編成番号

_IGP5363_1.jpg
後ろから

_IGP5365_1.jpg
東二見へ陸送されていきました。

先に帰還した5231号車と5250号車が5000系5000Fに組み込まれ6連で営業運転に復帰してるようですが、先頭車の5630号車や2両目の5230号車が東二見車庫に留置されたままで今後の動向が気になるところです・・。

陸送に携われた作業員の皆様ならびに関係者の皆様、深夜の作業お疲れ様でした。
.18 2013 山陽電車陸送 comment0 trackback0

Vol. 127 山陽電車3000系3060F陸送②

Vol. 126 山陽電車3000系3060F陸送①の続きになりますが陸送最終日の様子です。
陸送最終日は後ろ向きに先頭車運転台でした。

_IGP1805_1.jpg
先陣を切ったのは3506号中間車です。

_IGP1807_1.jpg
ゆっくり公道へ出ていきます。

_IGP1808_1.jpg
そして3635号先頭車が出てきました。

_IGP1814_1.jpg
ゆっくり公道へ出ていきます。

_IGP1823_1.jpg
こちらも東二見行きの表示です。

_IGP1826_1.jpg
3506号と時間差を空ける為しばらく停車中

_IGP1832_1.jpg
昼間はコンテナを牽くトレーラーでごった返す埠頭も深夜はさほど交通量がなくスムーズに走れます。

_IGP1834_1.jpg
深夜の幹線道路を陸送される電車は数多く見てきても未だ異様な感じがします。

_IGP1836_1.jpg
踏み切りも渡ります。こういったところが非日常的です。

_IGP1840_1.jpg
初日と同じところで道路工事中でした。その脇をゆっくり進みます。

_IGP1844_1.jpg
甲子園付近を陸送中の山陽電車です。

_IGP1847_1.jpg
阪神国道をひたすら西へ向け走ります。

_IGP1848_1.jpg
神戸ポートタワーの間近を通り過ぎていきました。

_IGP1849_1.jpg
神戸市内で某場所にて点検停車中です。
月がその様子をやさしく照らしてました。ここで追っかけは辞めて帰ることにしました。
深夜の陸送作業に携われた作業員の方ならびに関係者の皆様お疲れ様でした。
.01 2013 山陽電車陸送 comment0 trackback0

Vol. 126 山陽電車3000系3060F陸送①

今月23日~25日の未明にリニューアル工事に入場をしていた山陽電車の3000系が大阪車両工業さんから出場しました。
同車は去年8月に入場してます。
先ずは陸送初日の様子から。この日陸送されたのは3060号車と3061号車です。

_IGP1737_1.jpg
工場奥からゆっくり出てきました。

_IGP1752_1.jpg
陸送担当は日通さんです。

_IGP1758_1.jpg
『回送』ではなく『陸送』になってたら面白いのですが...

_IGP1768_1.jpg
大幅な工事は側面に反映されてますね。車端部の窓は1枚窓固定式になってますね。 サッシの黒色化もされてます。

_IGP1771_1.jpg
交差点に差し掛かりました。

_IGP1773_1.jpg
交差点もスムーズに曲がっていきます。

_IGP1777_1.jpg
大阪市内で見る山陽電車は新鮮です。

_IGP1779_1.jpg
道中は年度末に向けての工事箇所が多いです。

_IGP1784_1.jpg
工事箇所を避けながら進んでいきます。

_IGP1787_1.jpg
現場の人が見守る中無事に工事箇所を通過。

_IGP1792_1.jpg
阪神国道を西へ向け陸送中

_IGP1799_1.jpg
上から見ると冷房装置も外されており気動車の冷房準備車を彷彿します。

_IGP1801_1.jpg
以前のように帰りが遅くなれないので歩道橋の上から見送り、うしろ髪を引かれる思いでこの場を後にしましたとさ。そして②へ続きます。

陸送担当された皆様深夜の作業お疲れ様でした。
.29 2013 山陽電車陸送 comment3 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。