2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

vol.44 N700系S18編成陸送

12月24日未明に川崎重工さんからのS18編成8号車~5号車が博多港から博多総合車両所へ陸送されました。大阪市営地下鉄の陸送が終わってから青春18きっぷを使って福岡入りしました。

IMGP7531.jpg
川崎重工製S18 これで同社製造のS編成は終わったことになります。

IMGP7518.jpg
ハーバライトを車体に浴びて出発時間を待つ。

IMGP7534.jpg
ローアングルで迫力を狙う。

IMGP7537.jpg
先陣をきった6号車と5号車との間隔を開ける為時間調整をしてます。

IMGP7542.jpg
この日は各箇所での道路工事の影響で何時もより停車時間多めでした。

IMGP7556.jpg
通過をするであろうというところも工事の関係で停車。

IMGP7562.jpg
信号待ち中歩道を歩く女の子達の集団が巨大な新幹線を見てキャーキャー大騒ぎしてました。

IMGP7567.jpg
点検停車中です。

IMGP7572.jpg
途中雪が降ってきました。この時の気温2℃カメラを持つ手が冷たい。

IMGP7593.jpg
宿泊先のホテルからの撮影です。綺麗に並んだ新幹線車両所の横の細い一方通行をソロリソロリと時間をかけて慎重に進みます。

IMGP7600.jpg
無事一番の難関を抜けました。もう総合車両所までここから直ぐです。
ここで追っかけをやめて宿泊先へ戻りました。今回は前述のように工事箇所が多かったので停車箇所での時間が長かったり予想外のとこで止まったりで、おかげさまでバルブ撮影が多く出来ました。毎回勝手が違うのが陸送撮影の楽しみのひとつでもあります。今年もあと4日ですね。今年のラストはZ78で締めくくりたいと思います。
スポンサーサイト
.24 2011 N700系S編成陸送 comment2 trackback0

Vol.32 N700系7000番台S17編成陸送

10月18日~21日の未明に各日2両づつJR西日本向けN700系7000番台S17編成8両が
日本車輌さんより豊橋港へ向け陸送されました。日本車輌さんでのS編成は③⑧⑨と、
この⑰の4本目です。今回は時間が取れたので行ってきましたが、お目当ては2号車の
パンタ付きです。その理由は後述

時計の針が深夜1時を指した頃、正門より2号車から出てきました。
IMGP6465.jpg

交差点を左折待ち中のカット Z編成で見慣れた街にS編成が新鮮な感じ。
IMGP6473.jpg

交差点を右折中
IMGP6478.jpg

真横を向いたところ流石に大きい!
IMGP6479.jpg

無線レシーバーを使ってヤッコを操作してます。
IMGP6480.jpg

今回の目的はここでした。パンタ付きはパンタグラフカバーが付いてることから歩道橋との干渉がある為、他の車両とは一部だけ違うルートになります。その時に通るルート上に有料道路があり、こうして有料道路の料金所を貫ける新幹線が見れるわけです。新幹線の陸送は各地にあっても料金所を貫ける新幹線はここだけです。そういったことで2号車に注目をしてました。
IMGP6485.jpg

続いて1時間半後、先頭車1号車が正門から出てきました。
IMGP6500.jpg

地面と干渉をしないか慎重に見ています。
IMGP6497.jpg

Zでもお馴染みの踏み切りを渡る。
IMGP6508.jpg

CMで有名交差点をいつもとは逆の右折中
IMGP6516.jpg

真上から。右側のタクシーですが停止位置ではありません。突然現れた新幹線にビックリをして停車しています。
IMGP6517.jpg


IMGP6520.jpg
ここから、さらに豊橋港に向けて発車して行きました。時間の関係でそれを見送って急ぎ足で帰阪をしましたが、きっちり東名高速の集中工事に巻き込まれてしまいました。S編成も残すところあと2編成ですね。








.22 2011 N700系S編成陸送 comment0 trackback0

Vol.30 N700系7000番台S16編成陸送

10月8日~10日が3連休だったので、『鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ』を利用してどこかへと考えてたら、土曜日未明に丁度、博多で先日川崎重工さんで艀を撮ったS16編成の陸送があるので博多に行くことに。しかし金曜日は仕事が終わってからの出発となるのと新幹線でないと到底博多までたどり着くことが出来ないので、行きはやむを得ず新幹線で博多入りをしました。博多の陸送はS2編成以来の訪問です。

新大阪を17:45分の『のぞみ』に乗車をし21:00には博多市内。風呂入ってサッパリしてから取り合えず博多の埠頭にスタンバイを見に行くことに。
IMGP6105.jpg
いました。4両がスタンバイしてました。しかしその脇に本船が…スタンバイは1号車~4号車の筈がよく見ると5号車~8号車。ということは1号車~4号車はまだ本船の中?1日遅れてます。

月明かりとハーバーライト
IMGP6111.jpg

午前2時いよいよ動き出します。先ずは先陣を切って5号車から
IMGP6141.jpg

次に6号車の半室グリーン車 
IMGP6137.jpg

続いて7号車のパンタ付 流石に大きいですね。
IMGP6149.jpg

そして2時半回ってお待ちかねの8号車
IMGP6173.jpg

博多市内でやっと信号待ちで撮れたカット。コンビニ前で多くの人が絶叫していました。
IMGP6183.jpg

点検停車中の様子
IMGP6190.jpg

ローソンの看板とJR西日本・九州のロゴ
IMGP6194.jpg

県道31号から新幹線高架下を右折するところ
IMGP6198.jpg

先の7号車が狭い道幅を誘導中なので終わるまで待機中
IMGP6205.jpg

この先はかなり狭いです。ガードレール有、電柱有 その紙一重を運転技術とヤッコを操作をする人の技術の協調でうまく細いところを抜けて行きます。
IMGP6234.jpg

ですので無線で慎重にやりとりしながら、人の歩く速度でゆっくり進んで行きます。
IMGP6218.jpg

電柱との隙間が一センチというところでしょうか。
IMGP6227.jpg

新幹線は40キロ以下~
IMGP6238.jpg

見事狭い道幅もクリアし誘導員の安堵の表情がうかがえます。
IMGP6241.jpg

博多総に向けて発車して行きました。ここで撮影は終了し水切り編へ続く
IMGP6247.jpg
続きはこちら↓
.13 2011 N700系S編成陸送 comment0 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。