2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Vol.358 N700A G21ヘセ⑨~⑯大阪港入港

5月6日に下松を出港したTug『雷人』が曳くN700A G21編成⑨~⑯をのせたデッキバージは7日の昼過ぎに大阪港へと入港した。第1陣のTug『77三協丸』が曳くデッキバージ①~⑧の時とは打って変わって堂々の昼間の入港となった。自分はこの日はGW明けの怠い仕事中。仕事をしながらAISを時折見ては常に『雷人』の居る場所をチェック。そしたら意外にも早く同船は明石大橋を午前中に潜り抜けたことから昼過ぎには大阪港に入港すると予想が出来たので昼の休憩時間を所定の時間からズラしてとることにして大阪港へと向かった。そして昼食も摂らず無我夢中で第2陣の入港を撮りまくり直ぐに仕事へと復帰をした。まさかの昼間の入港だっただけに大阪港でもそれらを撮ることが出来た。
20150507-_IGP0299.jpg

20150507-_IGP0348.jpg

20150507-_IGP0351.jpg

20150507-_IGP0366.jpg
帆船型観光船『サンタマリア』とすれ違う時には船上からすごい歓声があがってた。そりゃそうだろう。新幹線が海の上に浮いてるのだからw
2015.5.7 N700A G21編成⑨~⑯号車デッキバージ 大阪港
スポンサーサイト
.27 2015 海上輸送 comment0 trackback0

Vol.354 商船から下船する仙台地下鉄東西線2000系

産声あげたばかりの仙台地下鉄東西線用2000系電車は製造元の近畿車両から南港まで陸送され南港から北海道行きの商船にトレーラーごと乗船をし途中の仙台港で下船。待機場(仮置き場)で夜間を待って仙台港から荒井車庫へと再び陸送されるというやり方だ。2110Fではあるがその下船の姿を撮るべく自身も北海道に向かう途中に仙台港へ寄り道をしてみた。勿論、仙台まで青春18きっぷのお世話になったのは言うまでもない。
20150405-_IGP8342.jpg
栗林商船さんの商船『神泉丸』から下船をする2110F

20150405-_IGP8343.jpg
スロープをゆっくりと下りてくる。

20150405-_IGP8355.jpg
こちらでの陸送も兼六運輸さんが担当。

20150405-_IGP8381.jpg
僅かな距離ではあるが昼間に陸送が撮れるという不思議さwww

20150405-_IGP8387.jpg
ビックサムが常駐(仙台に)してるようだった。

20150405-_IGP8421.jpg
前日に下船をした2両と共に仮置きがされ、この時点で翌週到着予定の2109Fと一緒に荒井車庫へと陸送された。
この記事を書いてる頃は恐らく荒井車庫へ2113Fの搬入も終えているだろう。

2015.4.5 仙台地下鉄東西線2000系2110F 仙台港
.16 2015 海上輸送 comment0 trackback0

Vol.348 周防灘を行くN700A G21編成⑨~⑯号車

20150506-_IGP0207.jpg

前記事のとおり先週、日立製作所水戸事業所へ陸送されたED78 1でありますが、こちらは5月6日に日立製作所笠戸事業所(下松)を出港をした雷神はデッキバージに⑨~⑯号車をのせて大阪港を目指し周防灘を東へゆっくりと航海してました。

20150506-_IGP0212.jpg

2015.5.6 N700A G21編成⑨~⑯号車デッキバージ

.06 2015 海上輸送 comment0 trackback0

Vol.344 N700A G21編成 第2陣⑨~⑯号車海上輸送①

のせでん1554Fの陸送を追っかけて広島県は三原まで行ったのは今月の5日。その翌日に日立製作所笠戸事業所から出荷される表題の新幹線の海上輸送を撮るべく、さらに三原から足を延ばして山口県は下松市まで行った。
第2陣の下松出港は平日とあって撮る機会がめっきり少ないが今回はゴールデンウイーク最終日と重なって撮ることが出来た。
20150506-_IGP0085.jpg
日立製作所の大きな可動式クレーンで順次積み込まれるN700A新幹線

20150506-_IGP0089.jpg
もう陽炎がたつ気温に

20150506-_IGP0107.jpg
鷹に見送られつつ出港していく第2陣。

20150506-_IGP0109.jpg
少し出たところでクルリと360度方向転換中

20150506-_IGP0144.jpg
お面が後ろを向き曳航体勢が整った。

20150506-_IGP0167.jpg
そしていよいよ本格的に出港

20150506-_IGP0178.jpg
第2陣のデッキバージを曳く曳船は『雷神』レギュラーに戻ってました。
表題の新幹線を乗せたデッキバージは光市沖の大海原へと消えていった。大阪までの長い航海クルーズが今始まった。

2015.5.6 N700A G21編成⑨~⑯号車デッキバージ 下松港
.27 2015 海上輸送 comment0 trackback0

Vol.340 N700A G21編成 第1陣①~⑧号車海上輸送②

前夜、明石大橋の下で表題を見届けたあと大阪港岸壁で仮眠をとってると寒気がして目が覚めました。そして眠い目を擦りながら海上を眺めてると日の出と共に彼らは姿を現しました。朝日を浴びた77三協丸が先頭に立ちゆっくりとゆっくりとこちらに向かってきました。
20150503-_IMG7535.jpg

20150503-_IMG7541.jpg

20150503-_IGP9690.jpg

20150503-_IGP9708.jpg

20150503-_IMG7560.jpg

20150503-_IMG7565.jpg

20150503-_IGP9713.jpg

20150503-_IMG7572.jpg
朝日が昇る向こうのゴールまであと僅かゆっくりと去っていきました。

2015.5.3 N700A G21編成①~⑧号車デッキバージ 大阪港
.18 2015 海上輸送 comment2 trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。